TECHNIQUE建築仕様

設計

01現地調査年間の気候に合わせた適切な設計

当社では、敷地の特徴をしっかり踏まえ、長所を活かし、短所をフォローする設計をしています。気候温暖で日照率が高い静岡県に適した設計をしております。

現地調査

ご近所の雰囲気・窓の位置・交通量などを確認するために現地を見て判断します。

02断熱性能/耐震性能この場所で快適な暮らしを考える。

窓が小さかったり数が少なかったりすれば断熱性能は上がります。
壁が多く、吹き抜けが小さい方が耐震性は増します。
但しそれだけでは、心地よい家にはほど遠いです。家造りはバランスが大切です。
性能だけが良くても居心地のいい空間は作れません。

  • ●高い耐久性

    構造用ハイベストウッド

    構造用ハイベストウッドは、耐力面材として重要なせん断強さが構造用合板の約2倍です。高耐水MDF(ミディアム デンシティ ファイバーボード)です。壁倍率木造軸組工法2.5倍お よび4.0倍枠組壁工法3.0倍の大臣認定の構造用面材です。使用する釘によって使い分けることが可能です。

  • ●制振住宅

    制震ダンパー「MIRAIE」

    地震国である日本。地震に遭うリスクは避けて通れません。だからこそ、地震対策の知識は非常に大切です。あおば住建は多くの方の安全と財産を守るため、制震ダンパー「MIRAIE[ミライエ]」を設置しております。MIRAIEは、今注目されている「繰り返す揺れ」に効果を発揮する制震技術です。

  • ●高気密・高断熱住宅

    アクアフォーム断熱

    断熱性能の高さはもちろん、発泡することにより現場の形状にぴったりと密着するため、気密性の高い施工を実現します。また冷暖房の効率をあげ、高効率の設備を利用し、さらに太陽光などの創エネを利用すると光熱費の大幅な節約につなげることができます。

  • ●基礎断熱

    基礎断熱工法

    基礎断熱工法を採用する事で、床面を断熱する(床下断熱)家と違い、基礎断熱の床下は温湿環境が外気の影響を受けないので、安定し、室内環境に近づくので、断熱効果による室内快適性の確保と同時に床下の湿害抑制効果についても有効とされています。あおば住建では、この基礎断熱工法を標準仕様としています。

  • ●気密試験全棟実施

    全棟で気密試験を標準実施

    当社では住宅を建てる際に、全棟で気密試験を標準実施しております。気密試験とは、「家の隙間の小ささ」を測定することです。隙間から熱が逃げにくく一定の温度維持がしやすい気密性と断熱性、そして換気システムの3つのバランスが必要になります。気密性能が優秀な住宅は、快適で高機能な省エネルギー性能の住宅であるとも言えます。またエネルギーの無駄を少なくすることで、当然、環境負荷の軽減につながります。

04換気システム24時間全熱交換換気システム(澄家)

澄家は給気と排気を機械で制御(第一種)、計画的な排気を可能にし、冷暖房で快適な温度に保たれた室温と湿度を回収しながら空気を入れ替えます。春秋など冷暖房を使用しない時、熱交換器の給気用ファンの運転を止めて自然給気に切り替わる省エネルギーの換気システムです。屋外給気口には「PM2.5フィルターΣ50」を搭載して屋内に入る前に2.5μmの粒子を98%以上除去します。

  • 特徴1)ホコリや花粉さらには臭気をまきあげずに除去

    床面に溜まりやすいホコリ・花粉・臭気。これまでの壁や天井からの換気は、人が呼吸をしている空間まで巻き上げていました。澄家-sumika-は吸気を床面に設置しているため、巻き上げずに吸気することができます。

  • 特徴2)人にも環境にも優しいエコロジーシステム

    澄家-sumika-は「熱交換素子」を使用し、換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)。夏の冷房、冬の暖房時の換気も熱交換する事で省エネ効果があります。冬には室内の排気から水蒸気を回収して室内に戻す為、室内の乾燥防止にもなります。エアコンの負担を軽減することでの省エネ効果もあります。

05デザイン断熱ハイブリッドサッシ窓

ハイブリッド窓は、アルミの良さと樹脂の良さを融合、それぞれの利点を活かしながら、課題を解決することが可能です。