TECHNIQUE建築仕様

基本構造

01耐震性耐震等級3が標準仕様。
地震から家族の生命を守る家。

耐震等級とは、地震に対する家の強さを3段階であらわします。
あおば住建では最高等級である「耐震等級3」を基準としております。等級3は等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる強さであることを示します。

構造計算

全棟、プランの段階から構造計算(許容応力度計算)を行います。全ての梁・柱を検証し、家の骨格を安全にご提供しています。

住宅用制震ユニット|MIRAIE(ミライエ)を標準装備

あおば住建では住宅用制震ユニットのMIRAIE(ミライエ)を標準で装備しております。
橋梁・ビルで採用されている制震技術を用い、木造住宅用に開発。繰り返し来る地震・余震から家を守ります。

02高断熱・高気密 部屋間の温度差が少なく、
一年を通して居心地のよい空間。

窓などの開口部や壁、床、天井をしっかりと断熱・気密施工した高断熱高気密住宅では、室内の温度差が少なくなり、一年を通して快適な温度の居住空間になります。
熱の出入りが少なくなるので、冷暖房の効きが良くなり、冬も夏も少しの冷暖房エネルギーで快適な暮らしが実現します。

03 気密試験全棟実施

当社では住宅を建てる際に、全棟で気密試験を標準実施しております。
気密試験とは、「家の隙間の小ささ」を測定することです。隙間から熱が逃げにくく一定の温度維持がしやすい気密性と断熱性、そして換気システムの3つのバランスが必要になります。気密性能が優秀な住宅は、快適で高機能な省エネルギー性能の住宅であるとも言えます。またエネルギーの無駄を少なくすることで、当然、環境負荷の軽減につながります。