Owner のすべての投稿

新「傍・らく」奮戦記④

こんにちは、あおば住建の山崎です。
ようやく梅雨明けを迎え(ん!まだ?)いよいよ夏本番といった今日この頃、オリンピックも開催される事になりました。コロナ感染が収束していない中での開催です。大会終了後に感染爆発!なんて事にならない様、願うばかりです。とはいえ、選手達に罪はありません。なかなか調整が難しかったと思いますが是非とも頑張って欲しいです。

さて、今回は「一組目のご家族様との模様」を配信します。それでは始まり始まり。

エピソード2:時を戻そう開催日前日に

さて、ご家族様は警戒オーラ全開でのスタートです。これまで幾度となくこうした状況を経験し失敗を多く重ねてきました。しかし、こうした失敗を糧に自分自身成長してきたと思います。だから大丈夫、「やればできる」と自分を信じて接客に臨みました。
以前の私でしたら、お客様の警戒オーラの圧に負けて何もしゃべれずに金魚のフンの様にただ後ろを歩くだけでしたが、今回は不思議と圧に屈することなく普段通りのままでいられました。これも経験の賜物かもしれませんね。(ここまでは順調、順調♪)

最初は私が一方的に話をしていましたが、時間が経つにつれて少しづつ打ち解けてきた様子で、お客様からも話をして頂けたり、時折、笑顔があったりと、いい雰囲気になってきた矢先に事件は起こりました。(まぁ、大体こういう時に起きるもんです。トホホ・・・。)

それは、お客様のある質問がキッカケでした。その質問とは「相続と贈与」に関する質問でした。
ん?何が事件?そう思われるかもしれませんが、私にとって大事件でした。なぜなら、その質問を受けた瞬間に頭の中が真っ白になってしまい即答できなかったからです。

自慢するつもりはありませんが、この分野に関しては、多少の知識はありましたが、苦手な分野で、当然の事ながら質問に対してお答えできるほどの知識を持ち合わせていなかったのです。挙句の果てに、(うわー勘弁してくれ。そういう事は司法書士か税理士に相談してくれ)と少しでもその瞬間思ってしまった自分が今思えばとても恥ずかしいです・・・。

その後は、即答できなかった後遺症というわけではないですが、私自身が空回りしていて、お客様も少し困惑した様子でそのまま終了となりました。手に持っていた資料の中にその答えとなるヒントがあった事に気付いたのは、お客様が帰られての事でした・・・。あぁ~出来る事なら時を戻したい。

今回はここまでになります。最後までお読み頂きありがとうございました。次回も楽しみにしてて下さいね。

ミールキット

ミールキットという言葉をご存知ですか。これは、肉や野菜など人数分の食材と調味料、レシピをまとめた料理セットの事をいいます。食材の多くは既にカット済みで、フライパンなどで加熱するだけで料理が完成するので時短になり、生ごみも減らせます。
ここ数年の間に、こうした食材セットを宅配や店頭で販売する企業が急増し、市場も急成長。特に買い物や料理の時間を十分にとれない共働き家庭を中心に、人気を集めているそうです。

告知: 最後までお読み頂きありがとうございました。次回から「得する?損する?調理法」と題して、シリーズで数回にわたり配信していきます。
普段何気なく食べている野菜もチョットした事で野菜本来に含まれる栄養素をより多く摂取できる?そんな情報を配信していきます。楽しみにしてて下さい。

新「傍・らく」奮戦記③

こんにちは、あおば住建の山崎です。今年も早いもので半年が過ぎようとしています。本当に時間が経つのは早いものです。そして、いよいよ夏本番を迎えます。今年も暑くなるとの予報がありました。昨年のような異常な暑さにならなければいいなと願う今日この頃、皆様も体調管理には十分お気を付けください。
さて、今回は、前回の予告通り見学会直前の模様をお話しします。それでは、始まり始まり。

エピソード1 : いよいよ見学会開催です。
少し遡って開催初日 3 日前、新聞の折り込み依頼も完了し、ポスティングも完了し、告知も完了して、後は予約の連絡が入るのを待つだけ。しかし、この待っている間は実に時間が経つのが長く感じられ、ドキドキ感が増すばかり・・・。結局この日、連絡は入らず迎えた2日前、1本の予約の電話が、その後二組のご家族様から予約の申し入れがあり、最終的には見学会初日の予約は3組となり、ほっと一安心しました。が、しかし、安心している場合ではありません。ご家族様の貴重なお時間を割いてまでお越し頂くのですから、来て良かったと思って頂かなければなりません。ですから、本番に向けて接客で使う資料の見直し、ロープレ等々、ラストスパートを掛けるのでした。

迎えた本番、準備は万全にしてきたし、シミュレーションも何度も繰り返してきて絶対大丈夫!・・・大丈夫?・・・大丈夫のはず・・・あれ?・・・。もともとあがり症の私、久しぶりの見学会で接客ということもあってか、予約の御家族様が来られる直前になって不安が募り、緊張も MAXに。心の整理がつかないまま、1 組目のご家族様が御来場されました。

正直、この時点では既に暴走モード突入状態だったと思います。そして、私の悪い癖で、頭の中はネガティブ思考でいっぱい状態に・・・。とにかく「ご家族様に喜んでもらうんだ」「御家族様に来て良かったと思って頂くんだ」と何度も何度も自分に言い聞かせながら、落ち着いて、平常心で望めるよう大きく深呼吸したものの、それほどの効果もなく、1組目のご家族様の接客を迎えるのでした。

1組目のご家族様はご主人お一人でのご来場、警戒オーラ全開でした。通常の見学会でもそう珍しい事ではありませんが、今回は完全予約制という事もあってより警戒オーラが強かった気がしますが、そこは想定内、大丈夫です。その為にシミュレーションを重ねて資料も見直し用意してきたわけですからお任せください・・・。と言いたかったのですが、なにせ、この時の私は緊張 MAX状態でしたので・・・。

いつもの事ながら、前置きが長過ぎて長文となってしまいました。申し訳ございません。一体一組目のご家族様との接客はどうなってしまうのか?次回、接客の模様をお届けさせて頂きます。最後までお読み頂きありがとうございました。次回も楽しみにしてて下さい。

土地について②

こんにちは、あおば住建の小林です。連日の暑さに本格的な夏を感じる今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。体調には十分にお気を付けください。
さて、今回は「土地について」のその②を配信します。それでは、始まり始まり。

【費用について】
土地の契約をする前に、土地を購入するにあたり必要な費用もしっかりと把握しておきましょう。土地そのものの代金だけでなく、所有権移転登記費用・土地売買仲介手数料などの諸費用や印紙税・不動産取得税・固定資産税・都市計画税・などの税金が掛かります。

また、地盤が弱く地盤改良工事や上下水道管の引き込みが必要な場合は、その工事費が別途かかります。これらの対策が済んでいる土地かどうかで費用は変わり、家の建築に掛けられる予算も影響を受けるのです。土地そのものは安く購入できたとしても、改良や整備に大幅な予算を割かなければならないようであれば、理想通りのマイホーム建築は難しくなってきます。

土地を選ぶ際には、安さだけ、値段だけで見比べるのではなく、候補地が絞れてきたら「家を建てる為にはこの土地にいくら掛けなければならないか。」を確認しましょう。

そして、購入に掛かる総額を予算内に組み込んでおけば、安心して土地を選ぶ事が出来ます。今回はここまでになります。次回からシリーズで「後悔しない為の土地探しの基礎知識」を数回にわたって配信していきます。過去に配信した内容と重なるところもありますが、おさらいの意味で、お読み頂ければ嬉しく思います。それでは最後までお読み頂きありがとうございました。次回も楽しみにしてて下さい。

UD(ユニバーサルデザイン)フォント

ユニバーサルフォントという言葉をご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、これは誰にでも読みやすいよう工夫されたフォント(書体)の事をいいます。

一般的な書体と比べて、手書き文字の形に近く、大きめの濁点や強弱を抑えた線などより読み間違いが少なく、子供の学習に効果的とされています。まだ歴史の浅い新しい書体ですが、自治体の教育現場や公共機関の案内板などに導入され好評な事から、全国的に注目され始めている書体です。もしかしたら、お子様がお使いの教科書の書体は既にそうなっているかもしれませんね。

新「傍・らく」奮戦記②

こんにちは、あおば住建の山崎です。例年より早く梅雨入りし、じめじめした日が続く中、連日の暑さと、私も若くはないので正直体にこたえます。皆様におかれましては体調には充分に気をつけてお過ごし下さい。

さて、今回から前回の予告どおり新「傍・らく」奮戦記をお送りしていきます。とその前に、5月の連休中に行いました完成見学会ですがコロナ対策に伴い完全予約制という中、多数ご参加頂き誠にありがとうございました。御礼を申し上げるのが大変遅くなりましたが、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

では、唐突ながら本題に入らせて頂きます。それでは始まり始まり。

プロローグ : 見学会開催日が決定!絶対に成功させるぞ!

今回の完成見学会は新型コロナ感染対策の一環で、通常とは異なり完全予約制にて行う事になりました。ご参加頂くには事前の予約が必要という事で、正直予約が入るのだろうかという気持ちと時期がゴールデンウィークと重なる事から不安な気持ちでいっぱいでした。

とは言え、そんな事を気にしていても仕方がないので、とにかく開催すると決めた以上、御来場されるご家族様に来て良かったと思って頂けるよう、また、少しでもお役に立てればという気持ちを胸に気合を入れて、万全な状態で開催日を望む為に開催日 3 週間前からこれまで使用していた資料を一から見直して修正したり、新たに付け加えたりして、同時に何を伝えるのか?何をどの様に話すのか?・・・等々、シミュレーションを重ねてきました。開催日に照準をあわせ没頭していく日々、あっという間に3週間が過ぎ開催初日を迎えるのでした。

私自身あがり症で、開催日が決まった 3 週間前から既に緊張しておりました。また、気合を入れる事は悪くないと思いますが、3 週間も前から気合を入れて、入り過ぎて本番に空回りしなければいいなと思っていたのですが・・・。不安は的中するものです。

次回、開催初日直前の模様をお話しさせて頂きますが、ここでアクシデントが・・・。さてさてどうなってしまうのか?

次回を楽しみにしてて下さいね。

土地について①

こんにちは、あおば住建の小林です。今年は例年よりも早く梅雨に入り、連日暑い日々が続いております。お体には十分にお気を付けください。

さて、今回は「土地について」2 回に渡ってお送りします。
今回はその①です。それでは始まり始まり。

今は、スマホやパソコンで土地の情報収集をする事が簡単にできます。気に入った土地がありましたら、実際に見に行かれる事をオススメ致します。と言うのも、実際の土地を見た時の印象は、意外と後々まで残る物です。何となくいいな、何となく嫌だな、という感覚的な感想は案外大事な事なんです。

例えば、不動産業者から紹介された中に、気に入った土地があれば現地へ足を運び、ご家族様で決めた希望・条件の優先順位にどの程度当てはまっているかをチェックしてみて下さい。また、そこで生活するイメージが持てるかどうかも重要です。

人気の高い土地はいつまでも売れ残っていません。これと思う土地は現地を確かめ、実際に見てみなければ分からない判断材料を収集するようにしましょう。

また、土地の契約に至った際に、土地の面積や権利をめぐってトラブルが起きがちです。法的規制や、私道に面している場合はその所有権について確認する必要があります。法的規制や、私道に面している場合はその所有権について確認する必要があります。併せて土地の利用履歴を確認しましょう。宅地になる前の土地の使われ方によっては、地盤工事が必要だったり、地中埋設物があったりする可能性もあります。

事前にこうした事柄について、あらかじめ業者から説明があれば良いのですが、不安が残る場合はこちらからあれこれ質問をしましょう。業者は、聞かれたことに答える義務があります。土地の購入は『納得して契約する事』が何より大切です。
今回はここまでです。次回も楽しみにしてて下さい。

純アルコール量

「純アルコール量」とは、酒類に含まれる純粋なアルコールの量を言います。

この「純アルコール 量」ですが、「アルコール度数 ÷100× 量(ml)×0.8」で求めることができ、この値が健康 への影響を測る目安となるそうです。

通常のアルコール分解能力を持つ日本人の場合、厚生労働省が適量とする純アルコール量は約 20グラムで、度数5%のビールなら中瓶 1 本分程度との事。

ただし性別や年齢、体質などにより分解能力に差がある為、例えば、女性や高齢者の方にはより 少ない摂取量が推奨されているそうです。

お酒の飲み過ぎには、くれぐれも気を付けましょう。

土地を扱っているのは誰?

こんにちは、あおば住建の小林です。

先日は完成見学会に御来場頂き誠にありがとうございました。この見学会で、皆様方の家づくりにおいて、何かヒントを得て頂けましたら嬉しく思います。

さて、今回は「土地を扱っているのは誰?」を送ります。それでは始まり始まり。

土地を扱っている業者を一般的には「不動産屋」と呼んでいると思いますが、一口に「不動産屋」と言っても、さまざまな形態が存在します。

土地専門の不動産屋、建物中心の不動産屋、自社で開発・分譲を行うデベロッパー等、また、ハウスメーカーの系列会社や古くから地域密着型で続けてきた会社、業者間の流通情報を多く扱う会社など、さまざまな形態があり、それぞれの業者に「強み」が ありますので、相談し、比較してみるのも手でしょう。

丁寧な説明で誠意ある対応をしてくれて、「安心して土地の相談ができる」と思える業者はどこか?

何軒もまわってみて下さい。

ここで、注意して頂きたい事は、どんな業者に相談するにせよ、決して人任せにしてはいけません。

こちらの希望・条件にあう土地が紹介されたら、どうしてその土地を紹介したのか、そこに住むメリ ット・デメリットなど土地のプロの目から見たポイントを聞き、家族で話し合いましょう。

今回はここまででです。次回も楽しみにしてて下さい。