お問合せは055-928-9123

カテゴリー:スタッフブログの一覧ページです。

衣替えぱーと3

こんにちはプランナーの渡辺です
日に日に秋が感じられるようになってきましたね
スーパーでは、くり、かき、みかん、さつまいもなど
秋の味覚が満載ですね
私は先日、さんまが1匹198円だったので
あきらめました!でも秋になると食べたく
なるんですよね大根おろしのせて~w

今回は衣替え最終段階です
衣替え終了しました~!となりましたら
その後の防虫対策と湿気対策について
お伝えさせていただきたいと思います

収納スペースに合わせて防虫剤を適量を正しく使いましょう
の適量が少し分かりにくいみたいですので・・・

たとえば、クローゼット用3個入り(一年有効)でしたら
大体のメーカーさんは説明書に60センチに1つとなって
います。
せっかく防虫剤を入れても1つのクローゼットに1つと
思われる方が多いので残念なのです・・・
一般的なクローゼットは畳一帖分ですので、180センチに
なりますので3個を均等にハンガーパイプに吊るすように
使用すると適量になります!これで防虫対策ができます

防虫材も湿気と同じで空気よりも重いので、上から下へと
広がりますので
衣装ケースの中もたたんだ衣類の上においてしまいましょう
大切な衣類はカバータイプのもので保護すると安心です
あと、クローゼットや衣装ケースに隙間が無いほどの衣類を
詰めてしまうと、防虫効果が行き渡らないので
衣類を傷めない為にも8割ぐらいの収納を目指して
お天気のいい日に秋、冬同時の衣替えがんばってみて
下さいね!!
あと、衣類の虫やかびは湿気の多い所が大好きです
お天気のいい日にはクローゼットやタンスの引き出しなど
オープンして換気をしてください
除湿剤をクローゼットや押入の一番下に、四方に1つずつ
置くといいです
防虫対策と同様に湿気対策も気をつけましょう!

ワンポイントアドバイスです!
おかしや乾物、どれにもみんな湿気防止剤が
付いていますね、皆さん捨ててしまってますよね~

私は全部とっておきます!!
キッチンではお塩、砂糖の容器に、
キッチンの引き出しのなかに、リビングの引き出しにも
一ずつ入れています
のりとかに入っている大きのは靴の中、バッグの中に~
捨てないで色々と利用してますよ~
今は、乾燥剤が販売されていますけど、こんな使い方も
エコでいいかなと思います!
皆さんもぜひ試して見てくださいね~

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報

家づくりの基礎知識 その16

こんにちは、あおば住建の小林です。10月に入りすっかり秋めいてきました。朝と昼との寒暖差が最近大きく感じます。体調を崩しやすい時期なので十分にお気を付けください。さて、今回は土地探しで何かとお世話になる「業者」についてお話します。それでは・・・

【業者について】
土地を扱っている業者を一般的には「不動産業者」と総称して呼びますが、不動産業者には、土地専門の不動産業者、建物中心の不動産業者、自社で開発・分譲を行う不動産業者が存在し、よく言われる「不動産屋」という業者も、ハウスメーカーの系列会社や古くから地域密着型で続けてきた会社、業者間の流通情報を多く扱う会社など、さまざまな形態が存在しております。それぞれの業者に「強み」があり、持っている情報量にも差がありますので、大手、地元を問わず可能な限り多くの業者をまわり比較してみるのも手でしょう。

丁寧な説明で誠意ある対応をしてくれて、「安心して土地の相談が出来る」と思える業者はどこか、何件も回ってみて下さい。そして、ここで注意する事はどんな業者に相談するにせよ、人任せにしてはいけません。ご自身達のご希望・条件にあう土地が紹介されたら、どうしてその土地を紹介したのか、そこに住むことのメリット・デメリットなど土地のプロの目から見たポイントを聞き、家族で話し合いましょう。

今回はここまでです。次回も楽しみにしてて下さい。

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報

衣替え上手にしましよう

こんにちは、プランナーの渡辺です
衣替えパート2です

ワードロープがすっきりしたタイミングで収納場所の
掃除もしやすいのできれいにしてからスタートです!
クローゼットの中や収納の引き出しの中は、
ほこりがたまりやすく、湿気も多くカビも発生しやすいです
お天気のいい日に、風を通してから
しまい直しましょう!

夏物は汗や皮脂の汚れが、繊維の隙間に入り込み
黄ばみや、しみの原因になりやすいので
衣類をしまう前にしっかりと汚れを落とす事が肝心です
脇の下、襟、袖など部分洗い洗剤とかで前処理してから
お洗濯されるのがおすすめです
(今は用途に合わせた、効果の高い洗剤が色々ありますね)

夏物をしまう時のポイントは
。しっかり汚れを落とす
。収納する前にさらっと乾燥させる
。衣類を守る防虫対策をする

いざ!衣装ケースやクローゼットに収納です

次のシーズンが来たときに出し入れしやすくするため
衣装ケースの中に、くるくると丸めて、たてにしまうと
上から見て、Tシャツやサマーセーターなど
どこに何があるか分かりやすいです
シャツ、パンツ等はしわになりやすいのでハンガーに
かけて季節ごとに分けてしまいましょう
(秋のインナーにつかえるTシャツ等は、気温の変化も
あるので秋物と一緒にしまうと春にそのまま使えます)

クローゼットの中は上段、中段、下段と分けてしまう
収納をおすすめします

上段は、オフシーズンの服やたまにしか使わないアイテムを
収納するスペースなのです、なぜかといいますと
湿気は部屋の下の方に溜まりますので
湿気に弱い皮のバッグやベルトも上段にしまうといいです
冬のコートは一年中ハンガーにかけてる方が多いと思いますが
できればたたんで、防虫をして上段にしまうと湿気から守れます

中段は、ハンガーにかける収納に適しています
オフシーズンのシャツ,ジャケット、パンツ等季節ごとに
分けて収納すると、同じようなデザインの秋冬用
春夏用と、とてもわかりやすいです
(特に黒い洋服は分けておきたいですね)

下段は、衣装ケースを入れられます
プラスチックの引き出しケースが使いやすいと思います
引き出しに、夏用、冬用、春夏用、下着、靴下とか
分かりやすく、お子様の名前とか、ラベルを貼って分別
するといいですよ!

最後にいくらきれいに収納しても衣類が虫に食われて
しまっては台無しです
私も・・お気に入りのコートが悲しい事になって
しまった経験により!
防虫対策は慎重になりました
収納スペースに合わせて適量の防虫剤を・・・!?
次回は防虫対策について詳しくお伝えさせて頂きたいと
思います!!
たかが衣替えされど衣替えですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報

家づくりの基礎知識 その15

今年は例年以上に暑い夏も終わって、すっかり秋めいてきました。読書の秋、芸術の秋、食の秋・・・。皆様にとっての〇〇の秋はなんですか?こんにちは、あおば住建の小林です。気が付けば早くも10月を迎え、本格的な冬の到来がすぐ近くまで来ています。ここ最近では、コロナウイルスに関して関心が薄れつつあるように思えますが、寒さが増せばウイルスは活性化し、再びコロナ感染拡大の可能性もあります。今一度、コロナ対策を心掛けましょう。

さて、前回は気に入った土地が見つかったら実際に見に行く事が大切とお伝えさせて頂きました。今回はその続きです。

土地選びににおいて、地震、台風の被害を避ける土地選びも大切です。日本は昔から地震や台風など自然災害の多い国です。近年では、毎年のように全国各地で自然災害による大きな被害に見舞われています。住まいづくりをお考えになられている方にとっては、新居にどの様な被害が及ぶ可能性があるのか気になるところかもしれません。少しでも被害を抑える為には、何と言っても土地選びが重要です。そこで、より安全な住まいづくりの一助けとなるのが「ハザードマップ」。

ハザードマップとは、自然災害が発生した時に、それぞれの地域にどれだけの被害が起こるのかを予測し、その範囲を示した地図の事を言います。地震や風水害、土砂災害など、備えるべき自然災害は数多くありますが、まずは、御自身が希望する地域に起こりうる災害を知る事が備えの第一歩となります。ハザードマップを活用して安全な土地を選ぶようにしましょう。

ハザードマップは、各都道府県や市町村で手に入れる事も出来ますし、また、インターネットで閲覧する事が可能な場合がございます。河川の増水や堤防の決壊などの洪水被害の危険度を示したものや、河川が氾濫して浸水した場合の深さを想定したもの、土砂災害の危険性など災害別に作られたものもありますので、まずは各自治体のホームページ等を確認してみて下さい。また、ご近所に住んでいる方に住み心地を聞くのも押さえておきたいポイントとなります。

今回はここまでです。次回も楽しみにしてて下さい。

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報

秋になりました~でも日中は25度!

こんにちはプランナーの渡辺です

10月になりました!少しずつ秋を感じられる
ようになりましたね!

子供の頃~きんもくせいの香りがすると
運動会だ!!と楽しみにしてました
今は、運動会の香りだ!
秋が来た!と感じています

中秋の明月きれいに見ることができましたか!
朝、晩の冷たい空気、虫の声~
最近は本当に心地良く眠ることができますね
あの、暑い夏、熱中夜はもう終わったー!
もう、バテないよーって感じですよね

でも!日中は半そで過ごせるぐらいの気温には
本当に10月と思ってしまいます
びっくりですね!

私の学生時代は10月となれば衣替えで、男子は学ラン
女子はセーラー服で、黒に変わると大人ぽっく
見えたりして~なつかしいです
時代の変化と温暖化によりなのか
今は衣替えの日を前後何日か選べるそうですね
とてもいい事だと思います!

そこで、今回は夏から秋(冬)への衣替えについてお話させて
いただきたいと思います

秋は、日中でも肌寒く一枚何かがと思われるのが23度くらいです
一日の中で気温差が大きいので、最低気温が20度~準備
18度切ったら秋の衣替えのタイミングといわれていますが
秋の後には冬が~すぐそこまで来ています
ここで秋、冬一緒にやられるか・・・
真冬物残しにするか・・そこは収納のし方の違いとかにも
なってきます、分かりやすく、簡単に収納するのには
ちょっとしたコツもあります!
その、前準備です

衣替えでワードローブを整理する事が出来るチャンス!
ご夫婦の洋服、お子様の洋服を一覧するとてもいい機会です

一度も着ないでシーズンを終わってしまった服や
昨年も着ないで出してまたしまう?だけの服や
お子様の少し小さいけどまた来年~来年はもっと成長してるはず!?

ここで、思い切って色々と、考えながら
手放せたら・・今はやりの断シャリ?
捨てられない方は、リサイクルや寄付をするのも方法です

高価だった洋服も、色々な思い出が~
着てあげられないのならば・・でももったいない
と悩まれる事も

今は、インターネット販売やフリーマーケットなど
色々な方法で、大好きで購入した洋服が
必要な方に、また使ってもらえる事もできます

するとワードローブがすっきりして収納がしやすくて
衣替えが楽しくなりますよ!

もしかしたら、ご家族みんなで美味しいごはん!
食べられるかもです!

次はここから収納になりますので~
すぐにお伝えさせて頂きます

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報

ごみの出し方の違いにびっくりです!

こんにちはプランナーの渡辺です
9月に入っての残暑は厳しかったですね
ずっと夏が続いているような毎日でしたが!!

暑さ寒さも彼岸までの言葉通り、来週から
少し秋らしくなって来そうですね

先日、三島市にてリフォームのご計画をお考えの
お客様がお家でいらなくなったものを処分されると
いう事で、ごみの業者さんの事とか、粗大ごみを
清掃センターに持ち込む事について調べてみて
分かった事が、私の住んでいる伊豆市とずいぶん
違っていたので、びっくりしました!

三島市はごみの分別は家庭から俳出されたごみが
燃えるごみとして~ビニール類や食品のパック、
プラスチック類なども一緒に入れられて
30センチ以下ルールを守ればごみの集積所に
出せて!細かい分別はない!
たくさんあれば清掃センターに
車両一台につき、100キロまで1000円
100キロ超えると10キロごと100円
30センチ以上の燃えるごみ
50センチを超える燃えないごみも同様で持ち込める
と処分手数料が分かり易いです

あと、粗大ごみの有料戸別収集も大きなごみも
収集していただけていいんですね
ごみ集積所に出せない、燃えるごみで
30センチ以上2メートル以下のごみと
粗大ごみ、50センチ以上2メートル以下のごみ
100キロ以下で(個別制限なく)
1回につき2000円で自宅前まで集配にきて
もらえる!
納付書による事前納付か当日現金払いも出来る
というのもすごくいいですね!

伊豆市はといいますと・・・
分別が細かいです!でもそれが普通でなれて
いますので大丈夫です、でも少し大変です
どこの市、町も今は分別が厳しくなっていると思います・・

三島市と比べてしまうのは申し訳ないのですが

粗大ごみの処理手数料が特に細かいです
粗大ごみは有料のごみ処理券を購入して名前と品目を書いて
重さではなくごみの大きさによって金額が決まります

たとえば、50センチ超えて150センチ以下の物は
直接持込み1つ100円
戸別収集1つ200円
大きくなると
250センチ超えて350センチ以下の物は
直接持ち込み1つ400円
戸別収集1つ810円です
1つのものを2つに解体すると大きさで
2つの手数料になります、三島市は重さで
伊豆市は大きさですね
他の市、町のごみ出し方は色々なルールがあることが
分かりました!
調べてみるとお得な情報もありました
伊豆市は生ごみ処理容器(コンポスト等)
補助金4000円がありました!
地域ごとに有料の業者さんもいます
大手さんと比べると、良心的な金額でした
たくさんのごみを処分する時は色々調べてみる
事をおすすめいたします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報

家づくりの基礎知識 その14

こんにちは、あおば住建の小林です。前回は土地探しの第一弾として「住む地域の考え方」についてお話ししました。今回は、「実際に見て確認しましょう」です。それでは始まり始まり。

広告などを見て気に入った土地があったら、必ず自分の足で確かめに行きましょう。それも、曜日や時間を変えて何度も足を運んだ方がよいでしょう。平日や休日、昼と夜では状況がガラリと変わる可能性がありますし、風向きによって嫌な臭いが届いたり、夜になったら外灯がなくて真っ暗等・・・という事があるかもしれません。また、何度も行く事で一度訪れた時に気付かなかった一面に気付く事もあります。

実際に見に行かれる際に見ておきたいポイントは▽周辺の工場や商業地域の様子▽最寄りの交通機関までの距離▽電車やバスの本数と間隔、始発と最終の時間▽学校までの距離と、その道の安全▽会社への通勤手段▽スーパーやATMなど日常必要な施設は近くにあるのか▽病院や郵便局、市町村役場までの距離等です。小さなお子様がいる場合には、近くに安全に遊べる場所があるかどうかも気になるところです。

また、前回少しお話をしましたが、希望や条件の優先順位にどのていどあてはるかチェックする事も大切です。さらに、そこで新しい生活をするイメージが持てるかどうかも重要になってきます。

今回はここまでになります。次回も楽しみにしてて下さい。

 

 

カテゴリー:スタッフブログ

台風怖いですね

こんにちはプランナーの渡辺です
9月になりました、前回お伝えさせて
いただいたとうり~残暑厳しいーです

でも、秋といえば台風が怖いですよね!!
現在台風10号が九州地方に接近していますね
過去に経験が無いような、荒天となる恐れが
あり、最大限の警戒が必要とされていると・・・・
前回の長雨集中豪雨の被害を、やっと皆様で
協力しあい、がんばって再生していたところに
この、大型台風!とても心配です
早めの対応や避難により、被害が少しでも
防げればと思います!
今回の台風の名は「ハイシェン」
中国語で「海の神」だそうです
海の神様・・・やさしくお守りください
お願いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報

家づくりの基礎知識 その13

こんにちは、あおば住建の小林です。これまで、12回にわたり税金面や住宅ローン等についてお話しさせて頂きました。今回からは土地について数回に分けてお話しさせて頂きます。これまでと同様に変わらぬ御愛好を頂ければ嬉しい限りです。それでは、始まり始まり。

『土地選びのポイント』

家を建てようと思ったら、その為には土地が必要です。土地探しをされている人、これからの人、誰もが、「失敗したくない。後悔したくない。」と強く想うと思います。土地探しを失敗しない為には、様々な知識が必要になってきます。ポイントをしっかりと押さえながら根気強く探しましょう。

■『住む地域に対する考え方』

新たに土地を求めるときはどうしても、「駅やバス停から近い方が良い」「商業施設が近くにある」などの利便性に目がいきがちです。もちろん通勤や通学を考えれば便利な方がよいのですが、そういう場所はたいてい人気のエリアなので価格も高く、小さな土地しか手に入らない事が多いものです。

反対に、緑豊かで庭も広くとれる閑静な土地は、都市部へのアクセスに不便さは感じるかもしれませんが、ゆったりと静かに生活するには快適でしょう。

当然の事ですが、人それぞれ家族構成や仕事、状況が違うので、その土地に求めるものも異なります。そこで、その土地を得る事で、自分達にどのようなメリット・デメリットがあるのかを考えてみて下さい。その際には、将来を見据えた人生設計も含めて考える事も忘れずに。また、とことん話し合って妥協出来る点と出来ない点を明確にしておきましょう。そして、優先順位を決めてみて下さい。そうすれば、市街地・郊外・分譲地のような大きな枠組みが決まってきます。

この様に、その土地に家を建てて、あたらしい暮らしを迎える際に何を重要とするのか、本当に家族が幸せと感じられる環境はどういうものか、などをご家族みんなでとことん話し合う事が大切です。

今回はここまでになります。次回は「実際に見て確認しましょう」です。楽しみにしてて下さい。

カテゴリー:スタッフブログ

残暑お見舞い申し上げます

こんにちは、プランナーの渡辺です

お客様とのあいさつは、今日も暑いですね!
8月も終わりだというのに、異常な暑さですよね~
残暑も厳しくなりそうですね~で始まります

でも、こんなに暑くても暦の上では、8月7日から立秋
なのです!!
残暑見舞いを出す時期が立秋のあととされているので
毎年、お盆休みぐらいには、はがきやメールで
ごあいさつをしながら、近況報告を交わすのが
楽しみでしたが・・・
毎日暑すぎます33度以上

今年はこの暑さでもう少し後の方がいいのではと思いました!!

残暑お見舞いは、なかなか終わらない暑さを見舞うものですが
まだまだ、いつまで猛暑なのでしょう~暑いです!

数年前は、朝,夕に吹く風が秋らしく感じられるようになりましたね
赤とんぼが秋を運んで来てくれましたね
など秋を感じられる言葉も添えたりしたのですが~

今は、立秋とは名ばかりの暑さですね~
暦の上では秋とはいえ厳しい暑さが続いていますね~
と変わっています
今年はコロナウイルスや熱中症のご心配などもお伝えしています

予報によると地球温暖化の影響からなのか?異常気象なのか
近年の夏はずっと暑い(酷暑)が続き、しつこい残暑により
「秋がない」とも言われています

9月19日はお彼岸の入りですね
「暑さ、寒さも彼岸まで」という和らぐいい季節も
変わってくるのでしょうか・・・
少し寂しいですね

でも少しずつ秋は気配を伝えようとしています
朝、晩の空気、空の雲、虫の声,
つくつくぼうしはまだ鳴かないですね
数年前は、この鳴き声を聞くと~夏が終わってしまう~
と寂しい気持ちになったものですが・・・

あと少しこの残暑を乗り切っていきましょう

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報
あおば住建株式会社 お問合せは055-928-9123
↓