お問合せは055-928-9123

2020年08月29日

2020年08月29日 の一覧ページです。

住宅コラム:【住宅業界のブラックボックス!?】建物の気密性能を表すC値の真実!! その③

前回、【住宅業界のブラックボックス!?】建物の気密性能を表すC値の真実!! その②をお話させて頂きました。今回は、その続きです。【住宅業界のブラックボックス!?】建物の気密性能を表すC値の真実!!を3回にわたってお話してきましたが、今回が完結編です。それでは、始まり始まり。

「温熱環境のいい家」を見極める簡単な方法 

少し、これまでのおさらいをさせて頂きますが、「真の温熱環境のいい家」というのは、「住宅の隙間から入る外気の影響」や「住宅の隙間から出ていく快適な空気」を補うほどの「冷暖房設備が強化」された家ではありません。

「気密性能が高い(C値が小さい)」という事を前提に、「外気の流入による影響を受けにくい」や「室内の快適な空気が放出されにくい」といった条件を満たした上で、「断熱性能の高い(UA値が小さい)」建材を採用し、「外気との温度差の影響を受けにくい」や「快適な温度になった空気を保ちやすい」といった能力が高く、「省エネ性能の高い」住宅こそが、「真の温熱環境のいい家」と言えるんです。

ですから、マイホームを「偽り」や「誤魔化し」のない、「真の温熱環境のいい家」にしたいのであれば、マイホームを建てる候補にする住宅会社の営業マンに、「C値(隙間相当面積)」や「UA値(外皮平均熱貫流率)」に対しての「知識」や「見解」を聞いてみて下さい。

決して話をはぐらかす事なく、真摯にお答えする、実際に建てた建物の「C値」や「UA値」の優秀な住宅会社だけをふるいにかけて下さい。そうする事で、本当の意味での「温熱環境のいい家」を手に入れる事ができると思います。

住宅営業マンの中には、気密性を高くすると「息苦しくなる」や「二酸化炭素などの不純物が排出できない」などと言う人がいるかもしれません。一見すると、そうだよね。と思ってしまうかもしれませんが、そんなバカな事はありません。現在の住宅では、「24時間換気」が義務付けられているため、C値が0で全く隙間が無かったとしても、2時間に1度は居室の空気を入れ替えるだけの換気機能が備わっております。

その他にも、住宅の気密性能の説明はしないくせに、24時間換気に「性能の高いフィルターを使っているから「花粉症」や「PM2.5」などの心配はありません。」なんて説得しようとする住宅営業マンの話も信用できません。と言うのも、いくら「性能の高いフィルター」を使っていても、「気密性が低い(C値が大きい)」建物だったら、フィルターから「花粉」や「PM2.5」が入ってこなくても、建物の隙間から「花粉」や「PM2.5」が入り放題のハズです。この様に、自社に「都合の悪い事実を説明しない」や「都合のいいようにはぐらかす」といった、「住宅会社」や「住宅営業マン」が多いというのが悲しい現実です。

「一生に一度かもしれない家づくり」なのですから、「失敗」や「後悔」しないように、自分達家族にとって、本当に必要な「機能」や「条件」は何かを取捨選択し、しっかりとした「情報収集」や「事実確認」を行ってください。そうすれば、「温熱環境のいい家」だけでなく、本当に自分達家族が望んだマイホームを手に入れる事が出来ると思います。

初音さん:「今回は非常に内容の濃い話でした。でも、おかげさまで、「温熱環境のいい家」がどんなものか分かりました。」

私:「それは良かったです。大変かもしれませんが、理想のマイホームを手に入れる為にも意識してみて下さいね!」

今回で、長きにわたった【住宅業界のブラックボックス!?】建物の気密性能を表すC値の真実!! のお話は終わりです。次回は「換気をするんだから気密性能UPなんて意味がない!って本当!?」です。楽しみにしてて下さい。

カテゴリー:コラム

家づくりの基礎知識 その12

こんにちは、あおば住建の小林です。暑さのピークは過ぎたとはいえ、まだまだ暑い日々が続きます。お体をには十分お気をつけてお過ごしください。

さて、前回は「ローン借入額はこう決めよう!」についてお話をさせて頂きました。今回は、「両親や祖父母からの援助も強い味方!」です。それでは、始まり始まり。

住まいづくりを始めるとき、まず考える事は、どれだけの資金を準備する事が出来るかという事も大切だと思います。通常、お金の内訳としては、自己資金・両親や祖父母からの資金援助・住宅ローンの3つ。

「自己資金」は、”総費用の2割”ぐらいは頭金として用意しておく事が理想と言われていますが、毎月少しづつ積み立てていく事が大切です。

次に挙げた「両親や祖父母からの資金援助」では、贈与を受けた場合の非課税措置によって住宅取得の支援が行われており、もし援助が受けられれば大きな力となります。この資金援助では、ほかにも借り入れや共有といったことも考えられますので、状況に合わせて検討してみて下さい。

援助分がプラスされ自己資金が増えれば、その分借入金を少なく出来、毎月の返済額や返済総額を少なくする意味でもメリットが大きいものです。ゆとりある暮らしを送る為にも、支援制度は有効に使いましょう。

今回はここまでです。次回も楽しみにしてて下さい。

カテゴリー:スタッフブログ
あおば住建株式会社 お問合せは055-928-9123
↓