お問合せは055-928-9123

明智光秀

現在放送中のNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。このドラマの主人公はもちろん皆様ご存知の通り「明智光秀」です。明智光秀と言えば、皆様が真っ先に思い浮かぶのが「本能寺の変」ではないでしょうか。「敵は本能寺にあり。」という言葉はあまりにも有名です。

その明智光秀についてですが、実はその出自については不明な所が多々あり、まず、父親も母親もはっきりせず、いつ生まれたかも定かではないし、少年時代のことも不明な事が多く、前半生が謎に包まれた戦国武将との事です。謎が何かと多い明智光秀ですが、意外な事に斎藤道三と深いつながりがあるそうで、斎藤道三と言えば「美濃のマムシ」と言われ、一介の油売りだった道三が美濃の国で下剋上を果たしたのは有名な話です。そんな道三は光秀にとって義理の叔父にあたるそうです。というのも、光秀は幼くして父を亡くし、以後は光秀の叔父、光安が光秀の後見をしていました。その光安は道三の家臣として働いており、光安の妹は道三の正室小見の方という具合で、小見の方は光秀の叔母になるので、道三と小見の方の娘、帰蝶は光秀とはいとこ同士というつながりになるそうです。

帰蝶に関しては諸説いろいろ呼び名があるそうですが、皆様にとって最も聞き覚えがあるのが濃姫ではないでしょうか。そうあの織田信長の正室です。つまり少なからず信長と光秀にもつながりがあったという事です。

最後に余談になりますが、光秀が何故本能寺の変を起こしたのか?そのあたりは諸説あり、はっきりとしていません。「麒麟がくる」ではどのように描かれるのか楽しみです。

カテゴリー:最新情報, 知ってた!
あおば住建株式会社 お問合せは055-928-9123
↓