お問合せは055-928-9123

家づくりの基礎知識 その8

こんにちは、あおば住建の小林です。前回は「金利タイプとメリット・デメリット」についてお話をさせて頂きました。今回は「返済方法」についてです。それでは。

元利均等返済

月の返済額(元金+利息)が返済期間を通じて一定額となる返済方法です。返済額が一定のため返済計画が立てやすく、元金均等返済に比べて返済開始当初の返済額が少なく済みます。同じ返済期間の場合、元金均等返済よりも返済総額が多く、元金の減り方は遅くなります。住宅ローンでは一般的な方法です。

 

元金均等返済

毎月一定の元金と、残元金から計算した利息を合計した金額を支払う返済方法です。返済額(元金+利息)は返済が進むにつれ少なくなり、元利均等返済に比べて元金の減少が早いので、同じ返済期間の場合、返済総額は少なくなります。当初の年間返済額が高いので、借入可能額は少なくなる場合があります。

 

今回は、大変短くて申し訳ございません。以上になります。次回は「住宅ローンにかかる諸費用」についてです。楽しみにしてて下さいね。

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報
あおば住建株式会社 お問合せは055-928-9123
↓