お問合せは055-928-9123

コロナと梅雨の季節を乗り越えよう

こんにちはプランナーの渡辺です
資金計画については一回お休みですいません

コロナウイルスもまだまだ心配ですが終息に向かいつつありますね
これは、大変、嬉しい事ですが・・・
慣れないマスクに加えて季節は梅雨ですね、ジメジメと湿度も高く
体調は・・・いかがですか、すっきりしない事とかありませんか?
コロナウイルとダブルパンチですね

そこで、梅雨に負けない健康管理をしていきましょう

梅雨に体調をこわしてしまう原因として

低気圧で体調不良になりやすいみたいです!
暑かったり、少し寒いと感じたり
ジメジメしてたりして・・・エアコンをつけたり
お風呂はシャワーだけなど、体が冷えてしまっている
事があります
体が冷えると!
体がだるい、疲れやすい、頭痛、手足のしびれ、肩こり、めまい、食欲不振、
睡眠不良、血行不良、ストレスがたまり易いなど、
あげればきりがありませんね

こうした、症状を「気象病」と言われるそうです。

その原因の多くは、自律神経の乱れにあるそうです

自律神経の症状については個人それぞれ違いますが・・・

規則正しい生活やバランスの取れた食事
適度な運動を心がけることが大切ですね
そして、良い睡眠を取り心も体もゆっくり休むことも
大切です!

そんな梅雨の時でも元気に過ごす3つのポイント

1)朝食を食べることで体を温めましょう

食欲がなくても、手造りスムージーやバナナ・ヨーグルト
ゆで卵・チーズなど手軽に食べられるものでいいと思います

ご飯+納豆、ご飯+鮭,じゃこ、目玉焼きなど
タンパク質が取れるといいですね
+お味噌汁があればとてもいいですね!

2)体を温めるものを取る

暑くなってくると冷たいものが欲しくなりますが
飲みすぎたり、食べ過ぎたりすると
おなかを壊したり、体調不良を起こし易くなってしまいます
少しでも飲み物は温かいものを飲むといいと思います。
朝、ホットコーヒー、やカフェオレなど
ランチには温かいお茶もいいですね
また、お料理に、しょうがやにんにく唐辛子、ねぎなど加え
鶏肉、豚肉、鮭など体を温める働きのある食材を取り入れる
事で体温が上がり、身体のだるさを防ぐ事ができます

3)利尿作用のあるものを取る

冷たい飲み物などで、体溜め込んでしまった、余分な水分や
湿気による、むくみや体のだるさを解消してくれるのが
夏野菜です
きゅうり、トマト、ゴーヤ、冬瓜、枝豆、とうもろこし、インゲン
フルーツはスイカ、プルーン、バナナ、グレープフルーツなどです
朝食にヨーグルトなどと一緒に取るといいですね

これから、夏本番にむけて体調を整えてかんばっていきましょう!
我が家では家庭菜園で、ミニトマト、ゴーヤ、など育ています
収穫がたのしみです

 

 

カテゴリー:スタッフブログ, 最新情報
あおば住建株式会社 お問合せは055-928-9123
↓